読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便移植で潰瘍性大腸炎が軽減

こんばんは。

 

以前からも治験などが進められている便移植の情報です。

 

糞便移植、難治性潰瘍性大腸炎の症状緩和・治癒に効果 - QLifePro 医療ニュース

 

今回の研究では、オーストラリアの3カ所の研究施設で、

標準治療に抵抗性を示す潰瘍性大腸炎患者81人を無作為に2群に分け、

41人に8週にわたり繰り返し糞便移植を実施し、

残りの被験者にはプラセボ治療を実施した。移植する糞便物質は

被験者1人につき少なくとも3人のドナーから採取。

糞便は均質化してろ過した後、移植まで冷凍保存し、

“懸濁液”浣腸として直腸内に直接注入した

初回治療後は被験者が自分で注入を行った。

生物学的製剤は感染リスクを伴うが、病歴のスクリーニングや便、

血液の検査によりリスクを最小限に留めることができるとParamsothy氏は話す。

8週後、糞便移植群の27%が主要評価項目

(報告される自覚症状がなく、医師が内視鏡で大腸の治癒または著明な改善を確認)

を達成したのに対し、プラセボ群では8%であった。

自覚症状の消失のみに着目すると、

糞便移植群の44%が目標を達成したのに対し、プラセボ群では20%であった。

便移植に関しては、抵抗を感じる方もいるとは思いますが

副作用も少なく、治療も期待できると言われていますが

毎回、便移植では潰瘍性大腸炎の名前が挙がりますね。

今回の調査では、自覚症状の消失よりも

やはり、内視鏡などで確認されるものが確かなものでしょう。

そう考えると自覚症状で効果を感じる人が44%であるに対して

検査などでの治癒を確認できるのが27%というのは

個人的には開きがあるように感じます。

便移植に期待するのは期待しますが

あまり大きな成果が上げづらいのかもしれませんね。

どうしてもレミケードなどの抗TNF-α抗体製剤のような

キレ味を求めたいですけど・・・難しいですね。