読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潰瘍性大腸炎の患者数や発症地域などについて

こんにちは。

 

クローン病に続いて

 

今回は潰瘍性大腸炎の現状を

 

紹介したいと思います。

 

データは平成26年度のものです。

 

これより最新のものがあればご了承を。

 

まず、患者数ですが

 

特定疾患医療受給者所持者数ですが

 

170,781人です。

 

10万人くらいだと思ってたんですけど

 

潰瘍性大腸炎ってこんなに居たんですか・・・

 

クローン病の単純に4~5倍じゃないですか。

 

特定疾患から外される物議がありましたが

 

確かにうなずけますね。

 

次に患者が多い都道府県ですが

 

1位が東京、2位が神奈川、3位が大阪です。

 

クローン病と同じく単純に人口が多い

 

都道府県に固まっている印象ですね。

 

2位と3位が入れ替わる以外あまり変わりませんね。

 

最後に初診時年齢患者数ですが

 

男女共に26~30歳が多いですね。

 

クローン病よりも

 

発症が遅い感じですね。

 

その後、30代、40代でも

 

初診時年齢が一定いる感じですので

 

クローン病のように10代、20代に偏るのに

 

比べると印象がかなり違いますね。

 

自分はクローン病患者なので

 

どうしても潰瘍性大腸炎のことは知らない部分も多いので

 

こんなに年齢を重ねても

 

発症するもんなんだぁと印象的でしたね。