読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローン病の写真愛好家が復興を写す

こんにちは。

 

こちらの記事の紹介です

 

難病の闘い 復興と二重写し…11年9月から撮影 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

東日本大震災の写真を撮り続ける

 

クローン病の新井さんを紹介されています。

 

高校時代に発症をされているようで

 

大変苦労する部分もあったでしょうし

 

それを乗り越えて今、こうやって未だに震災後も

 

写真を取り続けている姿は尊敬します。

 

同じ患者ですが、どうして自分のことしか今でも考えれません。

 

被災地のかたに追悼のことを思いますが

 

(熊本の震災もですが)

 

それを何か形として行動できるのは

 

募金ぐらいでしたので、風化させないために出来る努力。

 

こういう行動のある同病者には

 

ただただ尊敬しかやはり無いですね。

 

この方の記事の中で印象に残ったのが

 

~記事抜粋~

 

「復興に向けて一歩一歩進む被災地の姿は、難病との闘いに似ているところがある」

 

これは、非常に納得してしまいました。

 

本当そうなんですよね。

 

悪くなるときは一気に悪くなるんですが

 

そこから回復の道は

 

本当に地道です。

 

今は、レミケードの出現でその期間はかなり短縮したと思います

 

特に新井さんたちのような患者暦の長い方にとってみれば

 

もっと長い期間の入院をされているわけで

 

本当、言葉に重みがありますね。

 

この記事を読んで、改めて自分の中に考えるものがありました。