読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H医大入院18日目

朝目覚めるとまだ4時。

 

今日が退院と言われても本当なのだろうか?

 

首にもまだIVHが繋がれているし、治療についても不透明。

 

もやもやしたままでもう寝付けなかった。 

 

でも、何日も過ごしていた病院だけあって今日がもし最後ならうれしいような少し寂しいような気持ちになる。

 

朝起きていつも通りにこのブログを書きながら、お茶を入れる。

 

7時。

 

8時。

 

9時。

 

退院は10時だ。

 

未だに先生は来ない。

 

看護師さんが来て、先生に伝えるとのこと。

 

なんだか最後までグタグタだ。

 

ようやく先生が登場して、IVHを抜く。

 

あ~あっとかぁ。

 

前日にあった内科の疑問を聞くのだが、外科の先生にはあまり伝わっておらずに分からずじまいで終わる。

 

「はぁ・・・」

 

思わずため息がもれる。

 

3年前の入院のイメージとは違う。さらになんだか微妙になっていた。

 

患者数の増加が激しいのか、一人一人への対応の面でのクオリティは落ちていた気がする。

 

最後のアンケートもやや不満に〇をしてしまった。

 

確かに症例数も多い病院は安心も出来るだろう。

 

しかし、手術などの選択をする場合、それ以外でも選ぶというのはありだと思う。

 

入院生活を快適に過ごすこともやっぱり大切だと思うので。

 

すっかり外は寒くなっていた。

 

けど、その寒さがやっと外に出たんだと思うと気持ちよかった。

 

18日間の入院生活でした。

 

おれ、お疲れ様! 

 


にほんブログ村