読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H医大入院15日目

クローン病 手術 入院

特別ななにかが今日もあるわけではない。

 

昨日は、少し調子に乗ってしまったので反省しておとなしくする。

 

やはりまだまだダメなようだ。

 

今回の手術で狭窄部は取ったと言っても、そんなに元気なわけではない。

 

なぜなら、狭窄の影響でものすごく辛いということが今まで無かったので、その解放感みたいなものは特別にはない

 

正直、ガスも溜まるのは変わらないしね。

 

めちゃくちゃ食欲が増すわけでもない。

 

ただ、狭窄が無くなったという安心だけがあるので、これからの日常でなにかハメを外すようなことはない。

 

不思議だけどそんな確信がある。

 

今回の手術で高度狭窄していたS状結腸部分が取れたことでの影響はどんなものなのか?

 

これからの動向を見ないとわからないんだけど、以前の小腸の吻合部を切除したときに比べると今は全然変わらない。

 

前はいろいろと変わりすぎてしんどかったんですよ。

 

おむつが必須な感じでしたが、今回は一応はいるけれども、無くても問題はないのかな?という感じです。

 

大腸部分よりも小腸部分を取る方が日常の変わり方が大きいんじゃないのかな?と密かに思っています。

 

術後期間もだんだんと延びてきたので、歩く回数と言うのが減ってしまいました。

 

良くないことなので、また頑張らないとな。

 

では、頑張って歩きますー