読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H医大入院7日目

思えばもう1週間になる。

 

早いものではあるが、それは振り返るからこそ思うだけであって実際の現状としては全然違う

 

とにかく長い。

 

特に土日は魔のように時間が遅く感じる。

 

平日に比べると看護師さんたちのバタバタも少ないこともあるのだろうが、とにかく暇なのである。

 

しかし、わたし自身にはそんな曜日のことなどの問題ではない。

 

この日は朝からレントゲンで撮影だ。

 

昨日の吐きなどもあり、どうなっているのか見る必要があるからだ。

 

ガスが溜まっていることは明白である。

 

しかしながら、おなかにガスが溜まらないなんてことは普通の人でもあるのだろうか?

 

大なり小なりみんなガスは溜まるはずだ。

 

レントゲンはすぐに終わり、その後は病室に戻る。

 

やれることはなにか?無いのかを先生に問うも、歩くことを適度にするくらいの返答

 

結局は自分次第になる。

 

それでもやれることだけをやろうと、重たい腰を上げてただただ歩く

 

歩く、歩く、歩く、歩く。

 

そのおかげなのかもわからないが、便も少し出て、ガスも昨日よりも出るようになった。

 

少しづつだが腸が動き始めているんだと思う。

 

昨日と同じ時間帯になって、少し怖い気がしたが心配も杞憂に終わり、吐き気などもとくになく終わる。

 

その後も適度に歩きながら時間をつぶすのだが、心配していたガスや便に関しては少しクリアできたようだ。

 

何度か寝て起きてを繰り返しながらその日を無事に終えることになる。