読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H医大入院3日目

クローン病 手術 入院

いよいよ3日目です。

 

明日が手術になるわけですが、

 

朝から待っています。

 

そう

 

小腸ゾンデ

 

一体この世の中のだれがこんな検査を作ったのだろう。憤りさえ覚えるこの検査であるが

 

今のおれは違う。

 

そうだ。鼻チューをマスターしているのだ。

 

以前の検査では鼻チューなどしていなかったが、あの時の俺とは違う。

 

きっと俺の鼻の穴もこのときを待っていたはずだ

 

来い!どんなチューブでも通してやるぜ!と息巻いているはずである。

 

ふふふ。

 

だが、鼻の心境とわたしの心境は違う。

 

「やりたくない」

 

いやいや、痛いしさ。。。いつもなら1mちょっとしか鼻から入れないし、チューブも太いし無理だ。

 

心が安定しないままときは着々と経過し、ついに呼ばれて検査室へ

 

検査室に飛び込んでくる、とぐろを巻くチューブ。

 

いやぁぁっぁぁぁっぁぁ

 

声にならない声をひっそりと心であげながらも

 

「じゃあ、始めます^^」

 

先生、その無慈悲な笑顔がやめてくれ。

 

「じゃあ、鼻に入れていくね」

 

おっと!そこは行けないぜ!俺がやる!

 

「あ、自分でいれていいですか?」

 

「いいよ」

 

よし、イメージ通りにやれば問題ない。イメージだ。イメージ・・・

 

ん?あら意外と普通に入るぞ。やっぱり日ごろやっているとなれるものだ。

 

んで、あれよあれよと先生に途中でバトンタッチして小腸をみていく

 

途中でバリウムなどもはいるが・・・

 

「あれ?ぜんぜん前より辛くない」

 

拍子抜けするくらいに楽に終わった。

 

時間にして30分くらいだろうか。以前ならもっと時間がかかっていたので全然違う。

 

きっと検査自体も多少は変化もあったのだろうが、それ以上に体調が悪くならない状態で臨めたことも大きいと思う。

 

結果としては、昨日みれない部分も見れて

 

以前に手術した吻合部の部分も多少切るかもしれないし、それは切ってから判断するのに加え、大腸はS状以外は問題ないとの結論となる。

 

予想外に検査が楽に終わり部屋に戻ると、そのまま今度は口腔外科へ。

 

明日に備えての歯の掃除である。

 

小腸ゾンデで鼻の穴が死んでいる自分には拷問であった。

 

「息ができない」

 

容赦なしに歯を磨かれるわけだが、ある意味ゾンデよりも辛い

 

はやく終わってくれ。

 

「じゃあ、また手術終わったらもう一度きてくださいね」

 

その笑顔にわたしは対処のしようが無かった。

 

心からマジか・・・と思った。

 

歯がきれいになったが、なんとなく痛いまま部屋に戻ると

 

またまたすぐに今度は手術の説明である。

 

以前と同じ先生に切ってもらうのでもうここは身を任せる。

 

縫合不全などのリスクは承知だが、これはどうしようもないですからね。

 

手術としては明日の朝イチからで

 

S状結腸と、状態を見て回盲部の切除か形成をするとのこと。

 

個人的には思ったよりも病状がそこまででないことに安堵した。

 

これで今よりもレミケードの効きも良くなる可能性も十分あるし、あとは明日を迎えるだけ・・・

 

ではなくて。

 

そのあとに部屋で看護師さんにアンダーヘアを剃られることで、辱めにあうわたしであった。