読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK 潰瘍性大腸炎と上手につき合うを観て

こんばんは。

 

昨日、再放送の分になるんですが

 

NHKEテレ潰瘍性大腸炎の紹介がありまして

 

15分ほどの番組ですが観ていました。

 

詳細はこちらにほぼ載っています(放送内容)

 

潰瘍性大腸炎と上手につき合う|きょうの健康

 

特に目新しい内容があるかと言えば正直なかったですね。

 

最後の方に、便移植であったり、

 

欧州で販売されている新薬と紹介していたので

 

ベトリズマブのことなんですかね?

 

少し触れられていました。

 

潰瘍性大腸炎の9割ほどが

 

軽症~中症で占められているとの紹介がありましたが

 

果たしてどうなのでしょうか?

 

確かにイメージ的には割りと軽症な方が

 

クローン病患者よりは多そうですよね。

 

けど、そんなことない!って人もたくさんいるのは事実ですし

 

安易にコントロールさえすれば大丈夫です!

 

と、言うことを番組を観て思われるとそれはそれで困りますね。

 

また、大腸を全摘すれば

 

症状から解放されるとの紹介がありましたが

 

確かにそうではありますが

 

小腸切除をして、その後はやはり色々と苦労しました。

 

今でも排便では苦労します。

 

番組リンク先でも手術のときは10回くらいの排便が

 

1年後には5~6回に落ち着くとありますが

 

ここは個人差が大きいですよね。

 

特に大腸を全摘するとなると

 

その後の日常生活は本当に苦労すると想像出来ます。

 

最終的に手術でぜんぶ大腸を取れば良いと言うわけでも

 

ありませんし

 

メディアというのは難しいですね。

 

ただ、やはりこういうIBDの紹介があるたびに

 

少しづつでも認知されていけば良いとは

 

思ってしまいますね。

 

特に潰瘍性大腸炎の患者さんやその家族の方はどう番組を観て

 

思われたんでしょうかね。

 

でも、最初に病気を発症して観るには

 

わかりやすくかったと思いました。