読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンタサとアサコールの違いって?

こんにちは。

 

このブログのクローン病潰瘍性大腸炎患者

 

比率がどうなのかは分かりませんが

 

みなさんはどちらを飲まれていますか?

 

基本的な自分のイメージだと

 

ペンタサ=クローン病

 

アサコール潰瘍性大腸炎

 

そんなイメージなんですよね。

 

ど、なぜそんなイメージかは

 

患者さんに話を聞いて

 

潰瘍性大腸炎はペンタサじゃないのを

 

飲んでいるんだな。

 

と、知ったのがキッカケですかね

 

ただ、名前が違う薬ですから

 

効果も違うわけですね。

 

ペンタサであれば効く病変が

 

小腸、大腸と広範囲に

 

効きますが

 

アサコールは大腸限定になります

 

クローン病

 

消化器官全般がやられますから

 

小腸型、大腸型、小腸大腸型と

 

患者によってもタイプも

 

違います。

 

それに比べ潰瘍性大腸炎

 

大腸に病変が起こるため

 

薬の処方も当然変わるようですね

 

ただ、自分はペンタサ飲んでますが

 

効いてる感じなんて

 

あまり無いですけどね。

 

それに比べ

 

潰瘍性大腸炎なら

 

アサコールやペンタサをしっかりと

 

守りながら飲めば

 

寛解維持も可能なようなため

 

羨ましいですね。

 

結構、クローン病の方で

 

ペンタサ守って飲んでも

 

効かないから飲まなくなったとか

 

聞きますから

 

効いて飲まなくなる

 

潰瘍性大腸炎とは間逆ですね。

 

じゃあ、ここで疑問なのは

 

大腸型のクローン病患者なら

 

アサコール処方されたりするんですかね? 

 

うーん、まぁ大腸型から

 

小腸大腸型にレベルアップする方も

 

おられますし

 

何とも自分には分かりかねますが

 

一応、守って今日も

 

せっせとペンタサを飲む管理人でした。