読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローン病の患者数や発症地域などについて

こんにちは。

 

改めてクローン病の現状を

 

紹介したいと思います。

 

データは平成26年度のものです。

 

これより最新のものがあればご了承を。

 

まず、患者数ですが

 

特定疾患医療受給者所持者数ですが

 

40,885人です。

 

え?いつの間にか4万人もいるんですか!?

 

3万人で止まっているイメージでしたが

 

かなり増加していますね。

 

次に患者が多い都道府県ですが

 

1位が東京、2位が大阪、3位が神奈川です。

 

単純に人口が多い都道府県に固まっている印象ですね

 

そして、クローン病の初診時年齢患者数ですが

 

男女共に21~25歳が多いですね。

 

時点で、そのプラスマイナス5歳前後が多いみたいですね。

 

ちなみに自分は20歳での初診なので

 

大体パターンとしては普通ですね。

 

やはり、歳を取れば取るほど発症が下がるのは

 

間違いないようで、本当に10~20代に発症する病気ですね。

 

個人的にやはり一番驚いたのが

 

もう患者数の増加が右肩上がりで早いうちに5万人くらいに

 

患者がなりそうですね。

 

ただ、それでも人口10万人あたりでも30人くらいしかいないと思うと

 

やはり少ないとは思いますけどね。

 

また今度は潰瘍性大腸炎についてもご紹介しますね。