読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローン病と食物繊維の関係性

最初にクローン病の食事について聞いたとき

 

え?っと思ったのが

 

食物繊維についてのことでした。

 

しかし、研究によって

 

今では、食物繊維をむしろとることのほうが

 

寛解を維持する上でも重要なポイントに

 

変わってきているように思います。

 

以下に二つの記事を紹介します。

 

クローン病、潰瘍性大腸炎に効果的なセミベジェタリアン食に関する論文が「World Journal of Gastroenterology」に掲載|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

 

下痢が続く難病「クローン病」、食物繊維は本当に有害か? - MEDLEYニュース

 

このどちらの記事にも言えるのが

 

食物繊維を取った患者のほうが

 

再燃率が低いということです。

 

日本の治療では、いかに食事をせずに

 

エレンタールで必要カロリーを取り

 

腸管を休ませるかがポイントになりますが

 

国が違えば、それが非人道的とも言われるわけです。

 

食事を取らずに治すのはありえないと。

 

ちなみに管理人は、腸管を休ませる派です。

 

食事回数を減らせばそれだけ調子が良いと体験済みなので

 

まぁ、単純に野菜があまり好きでないもありますが。

 

それでも、注意すべきは狭窄持ちの患者などが

 

食物繊維を気にせずに取りすぎれば

 

逆のリスクもあるわけで、必ずしも食物繊維

 

すべてのタイプの患者に効果的に働くわけではないでしょう。

 

そのため、取らないより取るほうが良いが

 

取りすぎはよくない程度に自分は思っています。

 

あくまで治療の主体はレミケードとエレンタールの組み合わせ。

 

これが今の自分の体調管理なので

 

いづれ、この記事のような方向転換も一つの選択肢として

 

考えるときが来るかもしれませんね。