読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪大、潰瘍性大腸炎の発症に関わる遺伝子発見

こんにちは。

 

情報が少し前になりますが

 

こんなニュースが出てたんですね。

 

全く気づきませんでした・・・

 

f:id:gmo100:20160423230526g:plain

 

阪大、潰瘍性大腸炎の発症に関わる遺伝子発見 :日本経済新聞

 

この発表はネイチャーにも掲載されているようですし

 

遺伝子のたんぱく質

 

炎症を防ぐカギになるということですが

 

大腸の炎症に対してだけだと

 

やはりクローン病の小腸・大腸型などは

 

やはり別になるんでしょうかね?

 

同じ自己免疫疾患でも

 

クローン病潰瘍性大腸炎は分けられるわけなので

 

どちらにも繋がる解明だと嬉しい限りですが。

 

~記事抜粋~

遺伝子治療でこの遺伝子を活性化したり、患者にたんぱく質を投与したりすることで、発症を抑えられる可能性があるという。

 

この部分だけ見ると、治験自体はかなりやり易い印象を

 

受けますがどうなんでしょうかね?

 

色々な治療の解明が今までも出てきていますが

 

そこから治療の完治に向けて繋がるのは未だにないわけで

 

今回の発症に関わる遺伝子というの期待してしまいますよね。

 

さらに詳しいことを知りたい場合は、さらに詳しいプレスリリースが

 

ありますのでこちらを参照してください。

 

共同発表:腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明

 

管理人には難しくてちんぷんかんぷんでしたが(笑