読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「シンポニー®」潰瘍性大腸炎の適応症における承認申請

 こんにちは。

 

潰瘍性大腸炎の方に朗報です!

 

新しい新薬の承認申請です。

 

抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「シンポニー®」潰瘍性大腸炎の適応症における承認申請のお知らせ|ヤンセンファーマ株式会社のプレスリリース

 

これまたすでにレミケードのようにリウマチに使われていた

 

薬ではあるんですが

 

TNFαの薬であり、なおかつこれはヒト型のようなので

 

ヒュミラと同じタイプですかね。

 

また、こちらの投与期間は4週間に1回の投与ということで

 

これは患者としても負担が少なくすみますね

 

が、皮下注射と言っても基本的には医療機関の投与が

 

リウマチでは行われているようですね。

 

これが潰瘍性大腸炎だから変わるわけでもないでしょうし

 

ヒュミラのような自宅で行えないことを考えると

 

選択肢が増えるのは有難いですが

 

どうなんでしょうね?

 

ただ、残念ながらクローン病でもいづれは適用されるのかは

 

定かではありませんが

 

最近はクローン病よりも潰瘍性大腸炎の薬のほうが

 

よく目にする機会が増えた気がしますね。

 

TNFαの薬ということで

 

IBD患者としては色々と効果を期待してしまいますね。