読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潰瘍性大腸炎、オリックス安達選手の復帰まで

こんばんは。

 

被災地の方はまだまだ大変な状況が続くでしょう。

 

募金という形でしたが今は支援は出来ませんが

 

微力ですが、管理人もそういう形で応援しています。

 

そして、今日の記事ですがこちらの記事です

 

難病から復帰したオリ・安達了一。いなくなってわかったその重要性。 (Number Web) - Yahoo!ニュース

 

同じIBDの患者の安達選手。

 

以前にこちらの記事で紹介しました。

 

しかし、今回のリンク先の記事では

 

少し安達選手の闘病のことも書かれていました。

 

~記事抜粋~

安達の入院は20日間に及んだ。その間、食事はおかゆだけ。体重は約10kg減り、68kgまで落ちた。

 

20日間の入院は個人的は少し短い部類かな?と思います。

 

潰瘍性大腸炎も入院中は絶食が基本だと思いますが

 

おかゆがある程度早い段階で出たのでしょうかね?

 

プロ野球選手で体重がここまで落ちるというのは

 

精神的にもきつかったでしょう。

 

その後は体重も77kgまで戻っているということで

 

少し安心ですが、後半の部分で

 

~記事抜粋~

「これから家に帰ってご飯を食べて、明日(体調が)どうなるかですね。この時間に食べるのは(発病後)初めてなので」

 食事も、生ものや香辛料のきいたものを避けるなど、気を配らなければならない。一歩ずつ、体と相談しながらの前進が続く。

 

そうですよね。

 

一般の方には分からないでしょうけど

 

この食事で体調が悪くならないのか?

 

心配してしてしまいますよね。

 

今でも病歴が長くなっても気にしますね。

 

それも身体が特に資本なプロ野球選手なら尚更ですよね。

 

しかし、現在は非常にチームに欠かせない選手として

 

活躍されていて、こういうニュースを見て

 

本当に嬉しいですね。

 

安達選手の更なる活躍を期待しています。