読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒュミラ、中等~重症の活動期クローン病の小児に対する承認勧告をCHMPから取得

こんにちは。

 

このブログではまだ触れていませんが

 

ヒュミラについての記事を紹介します

 

ヒュミラ、中等~重症の活動期クローン病の小児に対する承認勧告をCHMPから取得-アッヴィ - QLifePro 医療ニュース

 

小児のクローン病患者を自分は

 

今のところは見る機会がないので

 

なかなか分からないところがあるのですが

 

小児患者のクローン病では

 

自分達のような成人の患者にくらべ

 

栄養療法が主流なようですよね。

 

本当・・・エレンタール嫌と言うてた自分が情けない・・・

 

とにかく、小児ではレミケードやヒュミラの投与は

 

かなりの慎重が必要なようです。

 

~記事抜粋~

今回の承認勧告は、中等症または重症の活動期にあるクローン病を有する6~17歳の患者を対象とした「IMAgINE-1試験」の結果に基づくもの。

 

小児というから、0歳とかからも含むのとか思いましたが

 

そうではないんですね。

 

それにしても、自分のような10代で発症するなら

 

食事の影響とかも納得はするんですが

 

こんだけ年齢が若く発症するとなると

 

いったい、本当に何が原因なのかが分からなくなります。