読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるクローン病の京大生

自分は以前、京都に住んでいるときがありました。

 

そして、京都の病院でクローン病の確定をして頂きました。

 

その際、そこの病院での患者さんのことを

 

少しですが、当時の主治医から聞いたのを覚えています。

 

ちなみに、今はまったくその病院とは関わりがありません。

 

単純に主治医とは相性が合いません・・・

 

昔は、不良患者というのもあった自分も悪いんですけどね。。

 

で、話を戻すと

 

その京都の病院に通うクローン病の学生がおられたそうです。

 

それが京大生というから

 

なんだかそれだけでも

 

おぉ!と当時は思った自分が居ました。

 

で、その京大生はというと

 

レミケードなどの免疫抑制剤は使わず

 

寛解を維持していたようです。

 

じゃあ?どうやってか?

 

大学生活の4年間

 

毎日かかさず鼻チューです。

 

それも、ご飯は一切とらずというから驚き・・・

 

その主治医から食べても言いといわれても

 

かたくなに食べずに鼻チューを貫いたとのことでした。

 

何かに特化している学生が多いイメージの京大生ですが

 

自分には到底まねできないと。

 

でも、色々な患者さんがいるわけで

 

その中で頑張るというのはやはり尊敬に値します。

 

食べれないのは、人としてどうなのか?と言う人もいるでしょうが

 

ただただ、それでも体調を管理できるその強さが

 

凄いです。