読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が試した治療法~鼻チュー~

こんにちは

 

今日は、私がしている(現在も)治療を紹介します。

 

現在では、主流ではないとは思いますが

 

紹介します。

 

それは、鼻チューです。

 

正式は経管栄養でしょうかね?

 

あまり詳しくは無いですが・・

 

もともと、私はかなりこれは嫌でした。

 

なにせ、鼻からチューブを入れて

 

そこからエレンタールを取るわけなんですよね

 

苦痛そうなのは勿論ですが、やはり見た目などの抵抗がかなり強かったです

 

しかし、エレンタールを経口で摂取するのは

 

なかなかしんどい。

 

患者さんなら分かるかたは多いのではないのでしょうか?

 

クローン病寛解を維持するためには

 

エレンタールを3包以上取ると再燃率に差が出てくるということを

 

私は、兵庫医科大学病院で統計から出ていると知りました

 

3包となると飲むタイプかゼリーにするかで取るにしても

 

大変なんですよね。本当・・・

 

鼻チューをするまでは

 

朝に1包、昼に2包で合計3包を取っていましたが

 

かなり苦痛でした。

 

それ以上は限界であったため

 

再燃を減らすためにも導入を決めました。

 

エレンタール お助けガイド

 

ちなみに↑のサイトで鼻チューのやり方も載っています

 

実際、入院中に覚えたわけなんですが

 

意外にも一発でチューブは鼻に入りました

 

が!

 

やっぱり、最初は喉の違和感が強くて

 

嫌だ~って感じでしたが

 

もうはや2年くらいたつと

 

ぜんぜん、大丈夫です。

 

基本、夜の10時~朝の6時に鼻チューブで

 

95~100の速度でエレンタールを3包取っています

 

はっきり言えばめちゃくちゃ楽です。

 

慣れればの話ですが、個人的にはオススメします。

 

どうしても飲んだりするのはサボりがちになりますが

 

これなれ強制的に摂取可能ですから

 

もし興味ある方は病院に問い合わせしてみては?

 

しかし、残念ながら鼻チューを使うポンプは

 

どこの病院でも扱えないようで

 

今は兵庫医科大学病院と契約という形でレンタルしていますが

 

地元の病院ではまったく無理でした。

 

ちなみにレンタル料はかかりませんでした。

 

勿論、鼻チューで栄養を取っていても

 

それで寛解は維持が絶対に出来るわけではありません

 

事実、しっかり鼻チューを1年かかさずにしても

 

再燃するときはしました。

 

それは、食事であったり色々な要因もあるでしょうが

 

これだけで寛解が維持できる保障はありませんが

 

少しでも再燃を減らすためにも

 

自分はこれからも続けるでしょうね。

 

おかげでしんどくで体重が減りそうなときも

 

これで体重があまり減らずに体重をキープできました

 

体重減少は再燃にも繋がります。

 

エレンタールの摂取は食事を楽しむことを減らし

 

楽しみを奪うのかもしれませんが

 

それ以上に日常を少しでも快適に過ごすためにも

 

必要なことだと私は思います。